こちらは「Laxas」無料トライアル申込みページです。

地域密着型デイサービス向け日報システム
「Laxas」

実際にデイサービスを運営・管理している経験をもとに、日報システムに必要な機能・問題点を反映しました。

月々たったの4,980円(税込)で日報管理システムを導入することが出来ます。

【Laxasで出来ること】
◎ラクで安全な日報運用
◎かさばる紙日報からデータ管理へ
◎日報入力・集計の効率化で時間を節約
◎ワンクリックで必要な帳票の出力
◎ヒューマンエラーの防止
◎日報データから報酬表など運営情報を閲覧

日報データの”見える化”・”効率化”をおこない、安心できるデイサービスの運営をはじめましょう!

どうして無料トライアルが必要?

便利そうとは思っていても、実際に使ってみないと使い勝手や作業ボリュームのイメージが付かないと思います。
もしかしたら他にも日報システム導入をご検討されているかもしれません。

実際にトライアル運用していただくことで、使い勝手や作業ボリュームのお悩みを解決し、
「日々の業務フローの中のどこで日報入力をすればよいか?」「導入後も運用し続けられるか?」を比較・検討していただくことが出来ます。

1ヵ月完全無料で
全ての機能をお試しいただけます

ご利用期間以外の機能制限は一切なく、実際の製品版と同じ機能を無料トライアルでご使用いただけます。
勝手に有料版に切り替わることはございませんのでご安心ください。

お読みください

無料トライアルのお申込みについて

※弊社サービスと類似、または競合企業様からのお問い合わせはご遠慮いただいております。

※ご案内の際、簡単な審査をさせていただきます。
 (事業所名・事業所番号を照合し、お問合せいただいた方や事業所が実在するかお電話などで確認をさせていただきますのでご了承ください。)

確認が取れ次第、メールにて無料トライアル版をご案内いたします。
操作方法もメールのリンクにございますのでご参考ください。

個人情報の取り扱いについて

下記の内容をお読みいただき、同意のうえ下へお進みください。

(1)事業者の氏名または名称
web-web株式会社

(2)個人情報保護管理者
長岡 昌隆

(3)個人情報の利用目的
ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のために利用致します。

(4)個人情報の第三者提供について
取得した個人情報を第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について
取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)個人情報を入力するにあたっての注意事項
電話番号は、ご本人確認の際や電子メールでのご連絡が取れないときにお電話を差し上げる事があります。 ご入力がない場合はご連絡出来ないことがありますので、予めご了承下さい。

(7)個人情報の任意性について
弊社にご提供いただく個人情報は、基本的に任意による提供といたしますが、お願いした個人情報を提供して頂けない場合は本来の適正・迅速な手続き等の処理又は連絡等の対応が出来ず、皆様方に不利益が生じる場合があります。

(8)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(9)個人情報の安全管理措置について
取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社において保管・削除いたします。
このサイトは、SSLによる暗号化措置を講じています。

利用規約

下記の内容をお読みいただき、同意のうえ申込みフォームへお進みください。

業務用ソフト「Laxas」利用規約

第1章 総則
(目的)
第1条 「業務用支援ソフトLaxas利用規約」(以下、「本規約」といいます。)は、web-web株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供する地域密着型デイサービス業務支援ソフトLaxas(以下、「本ソフト」といいます。)を次条(定義)に定めるユーザーがレンタル利用するために必要な条件を定めるものであり、本ソフトを利用する全てのユーザーに適用されます。
2 本規約と個別の契約の規定が異なるときは、個別の契約規定が本規約に優先して適用されるものとします。
3 本ソフトのレンタル利用については、当社よりユーザーの指定するメールアドレスへのプログラムファイルを送信する方法によって行うものとします。

(本規約への同意等)
第2条 ユーザーが、本ソフトのレンタル利用申込みをした時点より、ユーザーは本規約に同意したものとみなします。
2 当社は、ユーザーとの個別合意なしに、当社のホームページ上での告知またはユーザー指定のメールアドレスへ電子メールを送信することによって、ユーザーに通知することにより本規約を変更できるものとします。変更後の本規約は、ユーザーに通知した時点より、効力を生じるものとします。また、ユーザーが本規約の変更後に本ソフトを利用した時点より、ユーザーは変更後の本規約に同意したものとみなします。

(通知方法)
第3条 当社からユーザーに対して行う通知は当社のホームページ上での告知、またはユーザー指定のメールアドレスへ電子メールを送信する等、当社が適当と判断する方法により行います。
2 前項の規定に基づき、当社からユーザーへの通知を本システム上での告知または電子メールの送信の方法により行う場合には、ユーザーに対する当該通知は、本システム上での告知または、電子メールの送信がなされた時点から効力を生じるものとします。

(有効期間等)
第4条 本規約は、第2条第1項の同意をした時点から発効し、ユーザーが本ソフトのレンタル使用を継続する限り有効となります。

第2章 本ソフトの提供
(本ソフトの提供)
第5条 当社はユーザーに対し、善良な管理者の注意をもって本ソフトを提供するものとします。
2 本ソフトの内容は、サービス仕様書に定めるとおりとします。

(一時的な中断および提供停止)
第6条 当社は、以下の各号に定める事由が生じた場合には、ユーザーへの事前の通知または承諾を要することなく、本ソフトの提供を中断することができるものとします。

①本ソフトに関する緊急の保守を行う必要が生じた場合
②運用上または技術上の理由でやむを得ない事情が生じた場合
③その他天災地変等不可抗力により本ソフトを提供できない場合
2 当社は、前項に定める事由のいずれかにより本ソフトを提供できなかったことに関してユーザーまたはその他の第三者が損害を被った場合であっても、第15条(本ソフトに関する責任)の定めにかかわらず、一切責任を負わないものとします。

(本ソフトのレンタル利用の際の遵守事項)
第7条 ユーザーは、本ソフトのレンタル利用にあたり本規約を遵守するものとします。

(本ソフトの使用権の内容)
第8条 ユーザーは、設定された権限の範囲内に限り、本ソフトを使用することができるものとします。
2 ユーザーが第三者に対して本ソフトの全部または一部の機能を使用、開示ないしアクセスさせ、または本システムのライセンス使用権を販売する等といった行為を行うことを一切禁止します。

(本ソフトにかかる著作権等)
第9条 本ソフトのレンタル使用において当社が提供するソフトウェア・コンテンツ等は、当社が著作権および商標権等の知的財産権を含む一切の権利を保有するものであり、ユーザーは、当該ソフトウェア・コンテンツ等を複製、翻案、公衆送信(送信可能化を含む。)、改造、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング等することはできないものとします。
2 ユーザー(ユーザーの関係人を含む)において前項に規定する著作権等の侵害行為ないし侵害するおそれのある事実が発生した場合には当社はユーザーに対して侵害行為の差止請求、損害賠償の請求、不当利得の返還請求、名誉回復などの措置の請求を行う可能性があります。
3 著作権等の侵害は犯罪であり、前項に記載する事実を当社が認知したときは直ちに刑事告訴を行います。それらの著作権等の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下の罰金)となる行為となることを確認します。

(データの取扱)
第10条 ユーザーは、ユーザーが当社が提供した本ソフト(プログラムファイルの提供による)のうち、ユーザーが重要と判断したデータ等を、自らの責任でバックアップして保存するものとします。バックアップ等の保存を行わなかったことに伴う損害について、当社はいかなる責任も負わないものとします。
2 本ソフトのレンタル利用を終了した後においては、終了前に当社が提供したプログラムファイルについて登録・保存したデータを、参照・閲覧・操作・取得等することができないものとします。

(禁止事項)
第11条 ユーザーは、本ソフトの利用において以下の行為を行わないものとします。
①当社もしくは第三者の財産、著作権、商標権等の知的財産権含むその他の権利または利益を侵害する行為及び侵害するおそれのある行為(利用画面を他者に開示したり、印刷したりする行為もこれに該当します)
②当社もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷・侮辱し、または、当社もしくは第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為
③本人の同意を得ることなく、または、詐欺的な手段により第三者の個人情報(「個人情報の保護に関する法律」第2条第1項に定めるもの。以下、同様とします。)を収集する行為
④当社または第三者になりすまして本ソフトを使用する行為
⑤当社もしくは第三者の設備等の利用、運営に支障を与える行為、または、与えるおそれのある行為
⑥法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続が義務づけられている場合に、当該手続を履行せず、その他当該法令に違反する行為
⑦上記各号の他、法令もしくは公序良俗に違反する行為、当社の信用を毀損し、もしくは、当社の財産を侵害する行為、または、第三者に不利益を与える行為
⑧第三者に、前各号までのいずれかに該当する行為をなさしめ、または、当該第三者の当該行為が存在することを知りながら適切な措置を講じることなく放置する行為

第3章 ユーザーおよび当社の責任
(報告義務等)
第12条 ユーザーは、他のユーザーを含む第三者が前条に記載された禁止行為をしている(そのおそれがある行為を含む)を認知した場合には、当社に当該第三者の行為を報告するものとします。
2 ユーザーは、自己の行為につき、前条各号に定める禁止行為のいずれかに該当するとして当社または第三者から何らかの通告がされた場合、自己の責任と費用負担において紛争の処理解決するものとします。

(サービス提供の禁止)
第13条 当社は、ユーザーの行為が第12条(禁止事項)各号に定める禁止行為のいずれかに該当すると判断した場合、または前条第2項の紛争が生じたことを認知した場合は、ユーザーへの事前の通知なしに本サービスの提供禁止、本契約の解除等当社が適当と判断する措置を講ずることができるものとします。
この場合、第15条(本ソフトに関する責任)の定めにかかわらず、当社がサービス提供の停止等をしたことによってユーザーに生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。また、その場合は既に支払済みのレンタル利用料の返金も行いません。

(自己責任の原則)
第14条  ユーザーは、本ソフトの利用に伴い、自己の責に帰すべき事由に起因して第三者に対して損害を与えた場合、または第三者から請求がなされた場合、自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。ユーザーが本ソフトの利用に伴い、第三者の行為に起因して損害を被った場合、または第三者に対して請求を行う場合においても同様とします。
2 本ソフトを利用してユーザーが提供または伝送する情報(コンテンツ)については、ユーザーの責任で提供されるものであり、当社はその内容等についていかなる保証も行わず、また、それに起因する損害についていかなる責任も負わないものとします。

(本ソフトに関する責任)
第15条 当社は、いかなる理由に基づくものであるかにかかわらず、本ソフトの使用に起因してユーザーに生じた損害を一切賠償しません。ただし、当該損害が発生したことについて、当社に故意または重過失が認められる場合は除きます。
2 以下の各号に掲げる事由は、当社の責に帰すことができない事由(ただし例示でありこれらに限られません。)であり、当社は、当該事由に起因してユーザーに生じた損害については、いかなる法律上の責任も負わないものとします。
①計画メンテナンスの実施
②地震、台風、洪水、嵐等の自然災害、感染症の発生、戦争、内乱、暴動
③当社の予期せぬ事情を原因とした行政機関または司法機関による業務を停止する旨の命令
④ユーザー側の設備の不具合
⑤コンピュータ上で動作するソフトウェア(当社またはユーザーが用意したもの。)の不具合
⑥ユーザーが当社サービス環境およびコンピュータ等に施した設定の不具合
⑦ユーザーの不正な操作
⑧第三者からの攻撃および不正行為

第4章 秘密保持義務等
(秘密情報の取り扱い)
第16条 ユーザーおよび当社は、法令等の正当な理由がある場合をのぞき相手方から開示された秘密情報の秘密を保持し、本ソフトの利用のために(また当社においては本ソフトの運営、開発等のために)知る必要のある自己の役員および従業員以外に開示、漏洩してはならないものとします。また、ユーザーおよび当社は、秘密情報が記載された資料を善良な管理者の注意をもって保管管理するとともに、第三者に譲渡、提供せず、また当該役員、従業員以外の者に閲覧等させないものとします。
2 前項の秘密情報とは、以下の情報をいうものとします。ただし、開示の時点で既に公知のもの、受領者の責によらずして公知となったもの、受領者が第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの及び開示の時点で受領者が既に保有しているものを除きます。
①秘密である旨の表示をした書面(電子的形式を含む。)で開示されたユーザー固有の業務上、技術上、販売上の情報
②秘密である旨明示して口頭またはデモンストレーション等により開示されたユーザー固有の業務上、技術上、販売上の情報であって、開示後10日以内に相手方に書面(電子的形式を含む。)で提示された情報
③個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める個人情報

第5章 保守業務
(保守業務)
第17条 当社は、ユーザーに提供する本ソフトに関し、以下の各号に定める業務を行います。
①本ソフトに関するユーザーからの問合せ対応(メール対応を原則とします)、その他関連情報の提供
②本ソフトの障害調査、不具合の修補(ユーザーの故意または過失による破損の復旧を含みません。)
③本ソフトのバージョンアップ版対応(第三者ソフトウェアを除きます。)
④その他サービス仕様書において規定する業務

(メンテナンス)
第18条 当社は、本ソフトの円滑な運営のために、計画メンテナンスを実施することがあり、当該計画メンテナンスの実施のために本ソフトの提供を一時的に中断することがあります。このとき、当社は、計画メンテナンス実施の5営業日前までにユーザーに通知するものとします。
2 前項の定めにかかわらず、当社は、本ソフトの保全、維持のためにやむを得ないと判断したときには、緊急メンテナンスを実施するために本ソフトの提供を一時的に中断することがあります。このとき、当社は、当該緊急メンテナンスの実施後すみやかに、緊急メンテナンスを実施した旨をユーザーに通知するものとします。
3 当社は、前各項に定める事由のいずれかにより本ソフトを提供できなかったことに関してユーザーまたはその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

(ユーザーの協力義務)
第19条 当社が、前条のメンテナンス業務を行う上でユーザーの事業所等に立ち入る必要が生じた場合、ユーザーは当社に対して事業所等への立ち入りを認めるものとします。また、当社が作業を行う上で、ユーザーの協力が必要な場合には、ユーザーは合理的に必要な範囲で当社に協力するものとします。

(反社会的勢力でない旨の誓約)
第20条 ユーザーは、当社に対して本ソフトの利用にあたり次の各号の事項を確約します。
① 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成(以
下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
② 自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと。
③ 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと。
④ 本物件の引渡し及び売買代金の全額の支払いのいずれもが終了するまでの間に、自ら又は第三者を利用して、この契約に関して次の行為をしないこと。
ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
2 前項に反した事実が判明した場合には、当社は何らの催告を要せずして、この契約を解除することができるものとします。

第6章 その他
(本ソフトの改廃)
第21条 当社は、本ソフトの提供を廃止することがあります。その場合、当社は、ユーザーにその旨を90日以上前までに通知するものとします。
2 当社は、本ソフトの改善等の目的のため、当社の判断により、本システムの内容の追加、変更、改廃等を行うことがあります。当該追加、変更、改廃等の内容は、30日以上前までに通知するものとします。

(本ソフトに関する問い合わせ)
第22条 当社に対する、本ソフトに関する仕様または操作方法に関する質問、本ソフトが正常に動作しない場合における原因調査、回避措置に関する質問または相談は、本ホームページお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

2 ユーザーが個別に導入したソフトウェアに関する問い合わせ、クラウドサービスと組み合わせて使用しているソフトウェアに対する問い合わせ、当社サービス環境の内部構造に関する問い合わせ等、前項に記載された内容以外のお問い合わせに関しては回答を行いません。

(専属的合意管轄)
第23条 本ソフトに関する訴訟等の法的紛争については津地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(準拠法)
第24条 本規約は日本法に準拠するものとします。

(協議義務)
第25条 本規約に規定のない事項および規定された項目について疑義が生じた場合は、誠意を持って協議のうえ、解決することとします。

web-web 株式会社
令和3年7月31日作成